目の下の「たるみ」ができる原因は老化だけではなく、ほかにもさまざま原因があるみたいです。老化とあきらめることなく、ある程度の予防や改善策は可能です。

目の下の「たるみ」は、女性はとくに気にしがちで、相手に与える印象もとても強い場所です。「たるみ」にならないためにはどうしたらいいのか、その原因から考えてみることも大切です。

表情筋による目の下のたるみの原因

顔の中でも表情筋が衰えてくると「目の下のたるみ」が目立ってくることが多いようです。とくに普段無表情な人ほど表情筋が衰えてしまう確率も多くなる感じですね。

表情をよく動かすかどうかで、目のまわりの「たるみ」にも影響してきます。とくに目のまわりの筋肉が衰えやすくなる原因に、長時間パソコンやテレビを見ている人に多く、表情筋が衰えることでその上のハリのある皮膚がたるみへと変化してきます。

長時間パソコンを使用したりテレビを見て目を酷使していることで、まばたきの回数も極端に減少してきます。通常は1分間に20〜40回しているまばたきが、パソコンやテレビの見すぎでは4回〜10回と半分以下になっています。

まばたきの回数が減ることで眼輪筋が衰えて「たるみ」を引き起こすのです。さらに目のまわりの血流も悪化させてしまうので「たるみ」に加えてクマを引き起こしてしまいます。

また、老化による皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸の減少でききる皮膚の「たるみ」、あるいは目の下の脂肪がふくらむことによってできる「たるみ」も年齢とともに目立ってしまう原因のひとつです。

老化による目の下のたるみ

目の下のたるみでも一番多い原因が「老化」によるものだといわれています。それは、年齢とともに目の周囲の筋肉が衰えていくことで、脂肪がたまり皮膚が下がってしまうのが原因です。

「たるみが」目立ちやすいのは、目の周囲がとくに皮膚が薄いことが原因となっています。

年齢とともに減少していくのは、ヒアルロン酸やコラーゲンですが、それらが少なくなることで肌の水分が保持されにくくなってしまうのです。

目の下のたるみの原因でも、これらの物質が減少していき肌にはハリや弾力が少なくなっています。

目の下の「たるみ」の原因は、年齢とともに目の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)がだんだんとふくらんでいくことです。これが原因で目の下の皮膚の「たるみ」が目立ってしまう場合もあります。

また、眼窩脂肪が影になってクマになってしまうと、さらに「たるみ」が目立ってきてしまうことも。つまり、顔全体として暗い印象を与えてしまいます。

また、運動不足になると通常よりも肌の老化が早く進む場合があります。運動不足になると血行が悪くなり、新陳代謝も低下するので「たるみ」を加速させてしまいます。

紫外線による目の下のたるみの原因

目の下のたるみの原因には紫外線によるダメージが原因の場合があります。紫外線はその特徴によって

・UBA(紫外線A波)
・UVB(紫外線B波)
・UVC(紫外線C波)

と分けることができます。

その中でも紫外線UVAは紫外線の中でももっとも波長の長いもので肌の内部まで到達する紫外線です。UVAが皮膚の真皮にまで届くと、コラーゲンやエラスチンをつくりだす「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えてしまいます。

つまり、「繊維芽細胞」がダメージを受けてしまうことでコラーゲンやエラスチンが減少してしまいます。さらに活性酸素も増えて肌のハリが失われていきます。

また、UBAで一度ダメージを受けてしまうとUBAを浴びた分身体に残り続けることが知られてします。「日焼けは1か月程度で治る」と軽く考えることは禁物です。目の下の「たるみ」としても長時間紫外線を浴びたほど深刻化しやすいと考えてよいでしょう。

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP