目の下のクマの改善に「入浴」が関係していることをご存知でしたか。
効果的な入浴法で、クマが薄くなってくれるなら、こんなに簡単で嬉しいことはありませんね。
さらに一緒にマッサージも行うことで、効果は倍増するようですから、お金も掛からず自宅で済むこの方法、しっかりとご紹介していきます。

目の下のクマの原因と入浴の関係とは?

目の下にクマができる原因の一つに「血行不良」があります。
特に「青グマ」と呼ばれるクマが出来る原因は、目の周りの血行が滞って鬱血(うっけつ)することから起こります。
鬱血という目の周りの血行不良の改善は、まず身体全体の血流を改善する必要があります。

夏などの暑い時期には、簡単なシャワー利用という方も多いと思いますし、また通常からシャワーだけという方も居ると思いますが、実はその習慣が、目の下のクマを悪化させているかもしれないのです。
身体を芯から温められる入浴という方法が、血行促進効果が期待できる方法でもあります。

血行が促進されることで、皮膚のターンオーバー(肌の生まれ変わり)がスムーズに行われるようになりますし、それによって色素沈着のためできる茶グマの改善にも効果が期待できると言われています。

しっかりと入浴することで、クマやくすみ感が改善されるようになりますから、顔の透明感も上がっていくのです。

血行改善の入浴法とは?

大体は入浴は夜でしょうから、その場合の湯の温度は少しぬるめの40℃程度にします。
湯の温度が熱すぎると交感神経が活発になり過ぎてしまい、体が目覚める状態になってしまいますから、リラックスタイムの入浴には、ぬるめのお湯で体を休息させる副交感神経の働きを高めてあげることが大切です。

心身ともにリラックスできる状態でゆっくり浸かって、身体を芯から温めるには時間は10分〜15分程度は必要です。
ぬるめの温度ですから身体の芯まで温まるのには時間が掛かりますが、10分以上肩まで浸かっていることでジンワリと汗が出てきます。
そして、体全体の血流が促進されますし、血液の滞りは改善されていくのです。

さらに時間が取れるのであれば、湯船に浸かったまま目の周りのマッサージを行うことで、更にクマ改善の効果が期待でるでしょう。
マッサージの方法は次の通りです。

◎指の腹で優しく、マッサージを始めます。
◎目尻から下瞼を通って目頭に、目頭から上瞼を通って目尻にというように、目の周りを一周します。
◎目尻と目頭の部分では、少し力を入れてグッと押さえます。

これを2〜3回程度繰り返しますが、皮膚を優しくなぞるような感覚が大切です。

マッサージは強くし過ぎることで皮膚の負担になりますから、クマを悪化させてしまうことがあることもきちんと自覚して行ってください。

入浴習慣をつけることで目の下のクマを改善

入浴とマッサージのダブル効果で、目の下のクマの改善は期待できるはずです。
さらにクマ改善以外にも「冷え性の改善」「免疫力の向上」「自律神経の乱れの改善」など、女性にとっては嬉しい効果がたくさんあるようですよ。
また、「冷え性」で悩む女性も多いようですが、これは筋肉量が男性よりも少ないため、血行不良になりやすい傾向があるためのようです。
血行不良は様々な病気を引き起こすきっかけにもなりますから、早めに改善しておきたいですよね。

シャワーは必要以外は行わずに、しっかり湯船に浸かる習慣をつけることが大切です。
血行不良を改善し、目の下のクマの改善・予防を意識するように心がけましょう!

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP