目の下のクマを隠す方法は、肌色に合ったコーンシーラーを使う方法があります。その場合、ファンデーションが馴染むように肌をしっかりと保湿することも大切なポイントです。アイクリームを使用したり蒸しタオルを使用することもおすすめです。

目の下のクマやたるみを隠す方法

お化粧がうまくできたかと思っても、目の下にあるクマが目立ってしまうと肌が疲れてみえます。クマをうまく隠す方法としてコーンシーラーを使うことがとてもおすすめです。

目の下のクマやたるみはメイクで簡単に隠せる方法があります。青クマ、黒クマ、茶クマ、と各種類別にメイクでうまく隠してみましょう。

・青クマの隠し方にはピンク系やオレンジ系のコーンシーラー

青クマを目立たせないためには、ピンク系やオレンジ系のコーンシーラーを使ってみましょう。基本的には自分の肌より明るい色は避けることが大切です。

コーンシーラーでも目元の皮膚が薄い場合、ソフトな感触で使うことのできるリキッドや筆ペンなどを使用します。

また、血行をよくするためにメイクの前に蒸しタオルを使用することがおすすめです。電子レンジで水で濡らしたタオルを1分間くらい適温に温めて使います。

黒クマを隠す方法はコーンシーラーでも質感や色を選ぶこと

黒クマの隠し方といってもあまり黒クマが濃くなってしまうとうまく隠すことができなくなります。

しかし、黒クマでもまだ薄いクマの場合、パール感でハリを出したり、ベージュやオークル系の色を使うことで目立たせなくすることができます。

さまざまな美容成分を配合したものであれば、肌にうるおいを与えながら自然に黒クマを隠すことも可能です。

黒クマのできている部分に、下まぶたの目頭から目じりに塗っていきます。薬指の腹を使い、軽く叩き込むようになじませて使います。

影のできやすい部分はとくにクマのできやすい部分で、目頭側のくぼみも丁寧になじませていきます。パール系のコーンシーラーでへこみにふっくら感を出すようにします。

濃い黒クマの場合、コーンシーラーでも隠しにくい場合、メイクの仕方しだいで他人の視線を黒クマからそらすことはできます。

つまり、黒クマ以外に他人の目が行かないように視線をほかの箇所に誘導する方法です。

そのポイントでも、メイク全体をあまり濃くしてしまうことなく、メイクでもアイシャドウやリップなど何か所か選んで濃くしてみます。

茶クマを隠す方法はイエローのコーンシーラーで

茶クマができる原因のひとつに、肌に合わない化粧品を使っている場合があります。目をこすったりするクセがある人に多く、洗顔やメイクの刺激などでも起きてきます。

茶クマの対策は、美白対策をきちんとすることがポイントです。通常のスキンケアも摩擦で肌に負担がかからないようにします。

茶クマを目立たせなくする方法は、イエロー系のコーンシーラーを使用することです。

合った色がない場合には、自分の肌よりも明るい色は選ばないようにすることが黒クマをうまく隠すポイントです。

また、コーンシーラーは青クマ、黒くま、茶クマ3種類のクマにも共通で正しい使い方があります。

より肌になじませるためには、パウダーファンデーションの場合には、コーンシーラーを先に使い、リキッドファンデーションの場合、コーンシーラーをあとに使うことです。

また、そのうえからフェイスパウダーを重ねて塗ることでさらに肌になじませて使うことができます。

いつもの肌のケアでも、目元にアイクリームの「アイキララ」をプラスしてみるとより保湿をしっかりとして目元の乾燥を防ぐことができます。

保湿をしっかりとすることで、毎日のメイクも目の下のたるみやクマもきちんと隠せるようになります。

毎日のケアでも青クマ、黒クマ、茶クマとそれぞれ使う化粧品も異なってきます。なかなか、消えないクマの解消には、3つのタイプ別に化粧品を選ぶことや、クマをうまく隠せるようにコーンシーラーでもそれぞれ選び方があります。

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP