目の下にできるクマは原因が3種類もあります。血行不良、色素沈着、くぼみによるものです。

その呼び名もそれぞれ、青クマ、茶クマ、黒クマとよばれ原因も違ってきます。また、クマの中でも重大な病気が原因の場合もあり注意が必要です。

目の下のクマの原因は3種類もあります

目の下のクマの原因は、3種類あることがわかっています。それは、血行不良だったり、色素沈着だったり、くぼみによるものだったりと原因もさまざまです。

1)青クマ〜血行不良による目の下のクマ

血行不良による目の下のクマは「青クマ」とも呼ばれることがあります。原因は、睡眠不足や過労、ストレス、低体温など目が疲れることで血行不良になっている場合です。

このような「青クマ」の起こりやすい人の特徴として、肩こりや頭痛、冷え性になりやすい人がこの「青クマ」になりやすい傾向があります。

また、起こりやすい時期として乾燥や寒さの厳しい冬場に多いということです。目の下の皮膚が薄い人の中にも血行不良のためのクマができてしまう人もいます。

「青クマ」は20〜30代でも現れることが多いです。血行不良が原因で起きる「青クマ」は目のまわりにある多くの毛細血管で血行不良が起きることが原因です。

目の下の皮膚が非常に薄いことで、黒ずんでいる血液でも薄い皮膚を通すことで青っぽく透けて見えることが特徴です。

さらに、病気によって現れることのある「青クマ」も血行不良が原因になっています。

2)茶クマ〜茶クマは目の周囲の皮膚にメラニン色素が沈着したクマ

茶クマはメラニン色素が沈着してできるクマです。茶色っぽく見えてしまうのが特徴です。茶クマにも表皮レベルの茶クマと真皮レベルの茶クマの2種類があります。

表皮にできるものはシミと同じレベルですが、真皮にできたものはメラニンが皮膚の奥に沈着したものです。

表皮レベルの茶クマの原因とは?

茶クマの原因は色素沈着で紫外線が原因になっている場合もあれば、目をこすりすぎたりすることが原因となっている場合もあります。

ほかにもアトピー性皮膚炎や乾燥からのかゆみ、化粧品によるかぶれやマスカラなどが原因となっている場合もあります。

真皮レベルの茶グマの原因とは?

遅発性両側太田母斑様色素斑というアザです。メラニンが皮膚の奥に沈着した、灰色と茶色が混ざったような色素斑です。

3)黒クマ〜目の下にできるくぼみや目のまわりの筋肉のたるみでできるクマで、涙袋などが原因で影に見えてしまうクマです。

目の下にできる黒クマにも2つのタイプがあります。

・目の下の脂肪の量、皮膚のたるみの影響でへこみが目立つタイプ。

・加齢によって眼窩脂肪を支えている筋肉がゆるんで眼窩脂肪が突出してたるみが生じることでその下にへこみができるタイプのものです。

目の下のクマは何かの病気の原因のせいも

目の下のクマができる原因といっても、それは寝不足や疲れなどが原因の場合があれば、何かの病気が原因になっている場合もあります。

そもそも、目の下にクマができる場合には「青クマ」でも体調不良である場合があり、目の下にクマが現れる原因の一つに重大な病気が隠れているときがあります。

その原因では

・鉄欠乏性貧血

赤血球内にあるヘモグロビンの量が減ることで、貧血が起きる場合があります。鉄分が不足することで起きる貧血のことです。貧血があることで、血行が悪くなり赤黒い色の還元ヘモグロビンが停滞し目の下に青クマとして現れます。

・バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

喉の奥にある甲状腺でつくらっる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、主な症状に眼球が突出する症状があります。原因は目のまわりにある脂肪や筋肉が炎症を起こすことで腫れて目の中の圧力が高まることで、前にせり出す症状です。

・肝臓疾患、腎臓疾患など

肝臓や腎臓の機能が低下すると血液が浄化されずに停滞することで眼の下にクマができやすくなります。過労で疲れている場合でもこのような状態になりやすいです。

・うつ病

自律神経の異常により、目のまわりの筋肉や口の周りの筋肉に血液がスムーズに流れにくくなる場合があります。いわゆる「血行不良」の状態です。

・アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎

目のまわりのデリケートな皮膚にハウスダストや花粉が付着することで炎症を起こして色素沈着になっている場合です。

クマの原因を知って適切な処置を

クマは加齢や遺伝的な要素でできる場合もあります。また、適切なケアをすることで改善できるものもあります。

自宅でできるおすすめのクマのケア方法があります。

・睡眠を十分にとることはクマのケアにはとても大切なことです。

・全身の血流をよくするために、適切な運動や半身浴などがおすすめです。

・肌によい栄養をバランスよく摂ることがおすすめです。茶クマの場合はメラニンの生成を抑えるビタミンCを多く摂るようにして、青クマの場合には鉄分を多く摂ることがおすすめです。

・パソコンやスマートフォン、テレビなどで眼の血行を悪くしないようにしましょう。ホットタオルなどで温めることも必要です。

・目元ケアに目元のパックや美容液、「アイキララ」などの目元専用のクリームなどを使い、肌を健康に保つようにすることです。

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP