ある日急に現れた目の下のクマ、「ただただ鏡を見つめてため息ばかり」ではいけません。
治すためのケア方法があるのなら、実行あるのみです。
とは言ってもかなり難しいクマですが、とても効果的な方法があると聞きました。
それが「ホットアイマスク」です、効果的だと話題になっています。
では、本当に効果が期待できるのか、改善するのか、詳しく調べてみましょう。

目の下のクマ 本当に改善するの?

そう言えば、昔は温めたタオルを目に当てて、疲れ目をケアした覚えがあります。
原理は同じで、目の周りをじんわり温めて、眼精疲労やむくみなどを解消させるアイケアですね。
本当に改善するのかどうか、その効果を確認していきましょう。

まずは、目の下のクマができる原因から見ていきますが、それは3つあるといわれています。
一つは肌へ直接触れる「目のこすり過ぎや摩擦による色素沈着」です。
二つ目は、溜まってしまった疲労や睡眠不足から来る「血行不良やうっ血」。
三つ目が、加齢による張りや弾力が低下して起こる「目元が影になるエイジング」です。

一つ目の直接肌に触れることはすぐに止めれば改善しますし、反対に三つ目の加齢はなんとも致し方ありません。
注目は、二つ目の「血行不良やうっ血」ですが、これ等は疲労や睡眠不足から起こっています。
このクマは、目元の皮膚がかなり薄いために、目の周りの滞った血流が透けて見えている状態なのですが、青く見えるために「青グマ」と呼ばれています。

ホットアイマスク装着で改善され易いクマですが、それは目元を温めることで、目の周りの血流が良くなり、原因となっていた血行不良やうっ血が改善されたことによります。

ホットアイマスクで血行が促進されますから、残りの2つ(色素沈着・エイジング)の改善にも効果は期待できますが、特に改善効果を実感しやすいのが青グマと言えるでしょう。

ホットアイマスクを使う時の注意点は?

ホットアイマスクの由来の「ホット」とは、どの程度の熱さを指すのでしょうか。
調べてみましたが、「高め」「低め」とあいまいなので、体温よりは高くて暖かい温度、40℃位だと解釈しました。
なぜならば、『使用方法に記載された温度以上で使用すると、低温火傷や皮膚にダメージを与える原因になってしまう為、高温での使用は絶対に控えましょう。』と注意があるからです。
温度に注意が必要なのは分かりました。

次は、ホットアイマスクの使用でリラックス状態になり、そのまま寝てしまった場合です。
低温火傷や目の周りの皮膚を乾燥させてしまう為、使用時間を守ることとのこと。
さらに、スキンケアや目薬の使用後、時間を開けずにホットマスクを使用した場合、皮膚に痒みが生じてしまう可能性があるらしいです。
目薬などを使用した時は、1時間位時間を空けてからホットアイマスクを使用するほうが良いようですね。
使用する「温度」と「時間」と「時」をよく考えて、適切に使用してください。

目元のスペシャルケアにはホットアイマスク

ホットアイマスクは、目もとのトラブル解消には最適にものです。
クマを気にせず明るい目元で過ごせるよう、日頃のケアとしても取り入れていきたいですね。
最近では、アロマや蒸気など、様々なタイプのホットアイマスクが市販されてもいます。
手軽な使い捨てタイプ・レンジで温めるタイプ・USB接続のタイプなど、とても種類も多く発売されています。

まずは手軽でコスパのよいものから試し、その成果から判断して自分にとって最も効果的なタイプを選んでみましょう。
ただし、目元の皮膚はとても繊細ですし、また体の不調などの影響を受けやすい部分でもあります。
ホットアイマスクの『使用方法』をしっかり守りつつ、トラブルのない明るい目元を目指してください!

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP