目もとの「黒グマ」はたるみが原因ですし、「青グマ」は血行不良が原因です。
血行を促進させ、皮膚に張りを持たせる「マッサージやツボ押し」が効果的になります。
また「茶グマ」は、シミやくすみが原因です。
血流を良くして皮膚全体に栄養をいき渡らせることで、肌の新陳代謝は活発になり、メラニン色素の排出もできますから効果は期待できますね。

目の周辺の筋肉を鍛える簡単ストレッチ

簡単ストレッチの方法です。

1 ギュッと目を閉じて5秒間そのままにします。
2 目を精一杯大きく見開いて5秒間数えます。

1と2を5回繰り返しましょう。

目の周辺にある眼輪筋(がんりんきん)という表情筋は、弱まることでたるみの原因になるのです。
「瞬きすることを意識して繰り返す」ことで、眼輪筋を積極的に動かして鍛える方法が良いでしょう。

クマの改善には目元マッサージ

マッサージする際には、専用のクリームなどを使い、滑りを良くしてから行います。
目の周りは皮膚が非常に柔らかく、しかもデリケートですから、強く押しすぎたり、擦りすぎには注意が必要ですし、注意しながらマッサージすることが肝要です。

優しく注意しつつ行わないと、眼球や皮膚にダメージを与えてしまう場合もあります。
そんなに激しく行っては、逆効果になる場合もあります。
強く擦った刺激が色素沈着を起した場合、それが原因で「茶グマ」になる場合もあるのですから、そのような場合はマッサージは避けてください。
マッサージすることでさらにクマが濃くなってしまっては、全くの失敗ですよね。

目元マッサージの方法です。

1 両手の人差指から薬指までの3本の指をおでこの中心に当て、気持ち良い程度の圧力をかけながらこめかみまで移動させます。
2 両手の中指の腹を左右の目尻に当て、目の下の骨の縁をなぞるようにして目頭まで移動させ、目の上の骨の縁をなぞるように目尻へ移動させ、目を一周します。
3 両肘を肩と並行に上げて、中指と薬指の腹を目の下にあて、目頭から目尻、こめかみへと少し圧力をかけながら移動させます。
1〜3のそれぞれの工程を状況に合わせて、3〜5回くりかえしましょう。

目の下のクマに効くツボ

ツボの名前も一緒に共に覚えてしまいましょう。
本格的な感じがして、効果が高まる予感もありますから、一石二鳥だと思いますよ。
ツボを押す時は、気持ちがよい程度の強さで「5秒ずつ3セット」が目安になります。

睛明(せいめい)

 鼻の根元と目頭の間のくぼんだ場所にあるツボです。
 平安時代の陰陽師で耳慣れた言葉ですから、物凄く効きそうな気もしてきました。
 眼精疲労に効果があり、両手の人差指の腹を使って左右のツボを押します。
 晴れやかに明るくなるツボと覚えましょうか。

瞳子膠(どうしりょう)

 目尻から親指の幅半分ほど外側の骨の際のわずかなくぼみにあるツボです。
 眼精疲労や目尻のシワ改善にも効果的な、とても嬉しい効果の在るツボです。
 パソコン作業などで疲労感のある場合にも、効果がありそう。
 両手の人差指の腹で左右それぞれのツボを押します。

四白(しはく)

 左右の瞳の中心から下にたどり、骨のへりから親指の幅1本分ほど下にある骨の際のわず かなくぼみにあるツボです。
 眼精疲労や目の下のたるみ改善に効果的とされていますが、ちょっと見つけ難い感じがし ますね。
 両手の中指の腹で左右それぞれのツボをそっと押します。

太陽(たいよう)

 左右の目尻の少し外側のこめかみのあたり、骨がくぼんだ場所にあるツボです。
 側頭部の血行を促しクマを改善する他、頭痛にも効果的です。
 女性にとってはとてもありがたいツボで、探しやすいですし、覚えやすくもあります。
 両手の中指の腹で、左右それぞれのツボを優しく押します。

リンパマッサージで血行を促進

身体中に同じことが言えるのですが、リンパの流れが滞ると余分な水分や老廃物が溜まってむくみが生じ、当然目の下のクマも目立ちやすくなります。
顔周辺のリンパの流れを良くするマッサージを行い、むくみ・たるみを改善します。

耳から始めますが、耳は顔に流れているリンパが一度集まる場所ですから、流れが滞りやすい場所とも言われています。
耳の下には顔のリンパの出口になる「耳下腺(じかせん)リンパ節」というものがあるので、しっかりとマッサージすることで流れがスムーズになるのだそうです。
忙しいときには、耳だけでも簡単につまんで行うことで、顔のリンパの流れを活発にさせることが出来そうですね。

1 耳の後ろの骨にある「耳介後(じかいこう)」というリンパ節をゆっくりと押します。
2 両方の耳たぶを持って真横に引っ張り、気持ちが良いところでそのままキープします。
  耳の真ん中や耳上部も同じように行ないますが、痛いので我慢せず優しくしましょう。
3 耳たぶをつまみ、下から上へと揉むか、10秒ほどそっと揺らします。
4 耳の前の顎部分に指の腹を当て、頭頂に向けて側頭部の頭皮をゆっくり持ち上げるように移動させます。
5 額の生え際に指の腹を当て、頭頂に向かってゆっくり持ち上げるように移動させます。
6 首筋から鎖骨に向かって掌全体で撫でながらリンパを流し、最後に脇の付け根のリンパ節をゆっくりと押します。

これらのマッサージやツボ押しは、慣れるまでは大変だと思います。
やってみましたが、結構力いっぱいになり易くまた痛いですから、静かにそっと行うようにしてください。
少しずつでもよいので、毎日根気よく続けることで効果は期待できます。
頑張ってみましょう。

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP