アイキララは目元のクマを改善することができるアイショットクリームで、その高い効果から多くの女性に支持されています。

しかし、アイキララの効果はクマだけではありません。実はたるみやくぼみも改善してくれることをご存知でしょうか。

加齢によってもできる目の下のクマ

そもそも何故クマができるのかというと、寝不足や疲労がたまっているからと考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、それだけではなく「加齢」もクマの大きな原因の一つなのです。

というのは、私たち人間の皮膚は年齢と共に細胞内のコラーゲン量が減少していきます。

コラーゲンは細胞内に栄養を留める働きがあるため、若いうちはぷりぷり、もちもちの弾力のある肌質ですが、年齢が上がりコラーゲン量が減ってくるとシワシワの張りの無い肌質へと変化します。

肌が弾力を失うことで厚みが薄くなり、特に目元の皮膚は元々非常に薄いため加齢によりさらに薄い状態となり、皮膚の下にある毛細血管や筋肉の色が透けて見えてしまいます。

これが加齢によるクマです。

アイキララのMGAの働き

アイキララはMGAというビタミンC誘導体を配合しており、MGAはコラーゲンの働きを活性化させる作用があります。

つまり細胞内に存在するコラーゲンが活性化することで、これまで外に流れ出ていた栄養をしっかり細胞内に留めることができるため、若い頃のような弾力のある肌質へと変化するのです。

皮膚に厚みがでることで皮下組織の色が透けて見えることもなくなり、結果として目元のクマも解消されるわけです。

それと同じ原理で目の下のたるみやくぼみも細胞内のコラーゲン量が減り、肌に弾力が無くなるため重力に逆らえずたるんだりくぼんだりしている状態です。

アイキララのMGAの働きで目の下の皮膚にふっくらとした弾力が戻ることで、たるみやくぼみも改善します。

加齢による老け顔というと目尻のシワやほうれい線を思い浮かべる人が多いですが、実はクマやたるみ、くぼみは老け顔を助長させる大きな材料となります。

ふっくらとした目元をアイキララで手に入れることで、若々しく健康的な印象が取り戻せます。

アイキララはまぶた・クマ・くぼみ、ほうれい線に効果はあるのか?口コミ徹底検証 TOP